完本・居酒屋大全(小学館文庫)

著:太田和彦

671円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    「いい酒、いい人、いい肴」の三拍子そろった居酒屋をこよなく愛する著者が、「入らなくても判る名店鑑別法」など、居酒屋の総てを、座談会と表とでスルドク、時にオモシロク徹底追求!東京のオススメ店ガイド付き。(1998年刊行)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2012/02/26Posted by ブクログ

      うーん、いろいろかき集めてボリュームアップしたというか。そもそもあまり文章が上手ではないように思う(特に架空対談)。加えて酒と心理学・文化人類学を絡めたようなコラムが滑りまくり。後半の居酒屋探訪記は良...

      続きを読む
    • 2011/06/27Posted by ブクログ

      元々、「居酒屋大全」持ってたんです。
      でもなんか足されてたの知らなかった……

      中の文章自体はバブル時代のなごりがありますが、酒飲みだったら、一度は頭の片隅で考えたようなことがいろいろ研究(笑)されて...

      続きを読む
    • 2009/06/19Posted by ブクログ

      2009/6/19 7&yから届く。
      2013/1/5~1/6

      太田さんの居酒屋本の原点ともいえる本。『良い酒、良い人、良い肴』が、良い居酒屋の条件に全く異論はない。東京のお店が中心なので、なかなか...

      続きを読む

    セーフモード