【最新刊】ディエンビエンフー 0

ディエンビエンフー 0
1冊

著者:西島大介

972円(税込)
ポイント 9pt

通常ポイント:9pt

1965年、南ベトナム。従軍カメラマン・ヒカルは、地獄のような戦場で恐るべき身体能力を持つ少女と出会う。少女は次々と米兵を殺戮し、ヒカルは少女の姿を追いかけ…。世界一かわいく、世界一残酷な戦争漫画。

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2017/07/23Posted by ブクログ

    絵は可愛いのに、描写は残酷。フィクションなれど、題材がベトナム戦争であり、現実に近いことが行われていたかもしれないと考えるとゾッとする。史実の勉強にはならなくても、興味を持つきっかけにはなるかも。

  • 2014/06/28Posted by ブクログ

    初期のスピードはいいですね。このベトナムのカオスの表現にはスピードが凄く大事だと思います。
    初期の写真から持って来たであろうシンプルな絵がすごく良い。そして怖い。現実と漫画作品がどっぷり近づく。こんな...

    続きを読む
  • 2014/03/29Posted by ブクログ

    旧版を持っているけどやっぱり装丁が違うだけで欲しくなるというファン心理。
    IKKIでの『ディエンビエンフー』とは少し違うパラレルワールドな感じは、大塚さんの『多重人格探偵サイコ』の漫画と小説、ドラマ版...

    続きを読む

セーフモード