愛獄の儀式―終わらない婚前調教―【第3話】

著者:ゆめみきらら

209円(税込)
1%獲得

2pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    「男をくわえこんで弄ぶなんていやらしいこと、どなたに習ったのでしょうねぇ?」身体の奥まで、ずぶずぶに濡らされる……。紀伊国屋家の一人娘として育てられた撫子は、”身体を使って”一人の婿を選ぶという、『見合いの儀』を受けていた。医者、双子と体を重ね、そして最後のひとりは……幼馴染の、志信!?「ずいぶんと淫らなお遊びをお覚えになられたようだ」男たちによって調教された身体を弄ばれる撫子。快感を覚えてしまった身体は、志信を淫らに求めてしまい……。

    続きを読む
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード