猫が箱の中

雁須磨子

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

どこかで猫が鳴いている──!?ちょっと気弱な高校生・松井和雄は、学校へ行く途中、捨て猫の入った段ボール箱をみつける。そこで、無愛想でとっつきにくい小学生の北原君と運命の(!!?)出逢いを果たす。最初はたんになかよくしたいだけだったのに、ある日、胸がきゅんとなって……え、きゅんって……!?小学生と高校生。年の差が気になるお年頃。これは恋なのか、好意なのか。雁須磨子流悩めるときめきLOVE登場!

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2010/03/21Posted by ブクログ

    この作家さんの作品は違和感がないのが好き。
    読む前には確か表紙だけ見て""えっ?これもしかしてショタっすか?""と思ってしまい、ちょっと躊躇ったが、読んで正解でした。
    ‘現実は可愛いだけじゃダメだ、最...

    続きを読む
  • 2010/03/07Posted by ブクログ

    すごく好きなBLかりすまこだった

    すまこ先生のトゥルーっぽい終わり方がとても好きで、なんていうかこの生殺しラストのじわっとくるときめきを、読み終わった後に何度もじわじわと反芻するのが好きです。終わら...

    続きを読む
  • 2010/05/15Posted by ブクログ

    一冊まるまるゆっくりと成長ものBLが読めるのが嬉しいv
    主人公のあほうっぷりがかわいいv

    雁先生の頭の弱い感じの人物描写が
    とても秀逸なので、ほっこりと幸せな気持ちになれます。
    斜め右上をいく主人公...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000255888","price":"660"}]

セーフモード