偶然の科学

ダンカン・ワッツ/青木創

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    〈数理を愉しむ〉シリーズネットワーク科学の革命児が解き明かす「偶然」で動く社会と経済のメカニズム。小飼弾氏絶賛!「『社会科学を本物の科学に!』この社会学党宣言こそ本書のコアだ」ダン・アリエリー(イグ・ノーベル賞受賞者、『予想どおりに不合理』)「世界認識を変える本が現れた。耳が痛くても、“間違う理由”は知る価値あり」世界は直感や常識が意味づけした偽りの物語に満ちている。ビジネスでも政治でもエンターテインメントでも、専門家の予測は当てにできず、歴史は教訓にならず、個人や作品の偉大さから成功は測れない。だが社会と経済の「偶然」のメカニズムを知れば、予測可能な未来が広がる……。より賢い意思決定のために、スモールワールド理論の提唱者が最新の科学研究から世界史的事件までを例に解き明かす、複雑系社会学の話題の書。

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/08/16Posted by ブクログ

      著者は1971年生まれだから私より2歳下だ。最初物理学を学んだようだが、複雑系の系譜を継ぐ「スモールワールド」だかいう学説を提唱し、ネットワーク理論に基づいた社会学者といった立場にあるようだ。
      この本...

      続きを読む
    • 2014/02/23Posted by ブクログ

      良著でした!
      原題は""Everything Is Obvious (Once You Know the Answer)""
      『全ての未来は明白だ(答えを見た後ならば)』と言うと当たり前だが、知らず知...

      続きを読む
    • 2020/10/04Posted by ブクログ

      面白かった。
      もちろん訳者の方の力もあるだろうが、とても読みやすい。

      著者ダンカン・ワッツが説く「スモールワールド」という概念は知っている人も多いと思うが(世界中の人と人の間には平均6人存在する)、...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000255695","price":"858"}]

    セーフモード