エイ出版社の実用ムック 読むだけで5打縮まるゴルフIQ

エイ出版社の実用ムック編集部

700円(税込)
ポイント 7pt

通常ポイント:7pt

購入へ進む

カゴに追加

ゴルフIQを高めることが上達の一番の近道! 心の状態を整えられなければ良いプレーをすることはできませんし、 どんなに技術が高くても攻め方を間違えればスコアはまとまりません。 また、正しいクラブの使い方を知らなければ良いショットを打つこともできません。 ゴルフは“耳と耳の間のスポーツ”と言われるほど、 思考力がスコアメイクに大きく影響します。 そこで重要なのがゴルフの知能指数=ゴルフIQ。 本書は、ゴルフIQを構成する3つの要素である「メンタル」、「テクニック」、 「マネジメント」について、ツアープロコーチの森守洋がわかりやすく解説します。 ゴルフIQを高めて、次のラウンドから即スコアアップを実現しましょう。 ●PROLOGUE 「ゴルフIQ」を高めることが上達の近道だ!●PROLOGUE スイングの本質は「クラブをどう扱うか」にある●PROLOGUE リスク回避のマネジメントがスコアに直結する●目次●Part 1 ゴルフIQを高めるメンタル学●スタート前に「心の準備」をしておこう●上手い人を自分で演じてみよう●構えたらゴルフと何も関係ないことを考えてみよう●心のインジケーターをできるだけ切らさない●「俯瞰の目」でコースを見れば心にゆとりが生まれる●自分の心の中に「親切なキャディ」を雇おう●スイングよりも打つ前の「ルーティンワーク」に集中する●インターバルの間に心をリセットしておこう●ゴルフが上手い人は高望みをしない●どんなショットも「価値は平等」と知ろう●心を一つにしてターゲットに集中する●「ボギーの尊さ」に気づけばスコアアップする●場面や状況に応じて「パーの設定」を変える●「教わり上手」になるための心構えとは?●練習する時のメンタルのコントロールが大事●メンタルが弱いからミスするわけではない●メンタルが強くなるには「技術ありき」だ●Part 2 ゴルフIQに直結するスイングの本質●「振り子運動」の原則を正しく理解しよう●テコの原理で動きに柔軟性を出せば、最大のパワーが生まれる●メカニズムよりも「重さ」や「遠心力」を感じることが大切●ヘッドの重さを利用すればフェースが自然にターンする●デンデン太鼓のイメージで連続素振りをして「軌跡」を見る●インパクトバッグを叩くイメージでプロと同じ動きができる●右手首を柔軟に使うことで右ワキが自然に締まる●ヘッドが進みたがる方向に振ればフェースが自然にターンする●クラブの重さを利用するのが上手なクラブ使いの第一歩●シャフトの延長に重心がくる構えが「本当のスクエア」だ●クラブヘッドのトゥを目標に向けて素振りしよう●ドライバーもヘッドの重心を利用してスイングする●自分でクラブを操ろうとせず重さにまかせて振ろう●左手に力を入れすぎると右手とケンカしてしまう●左腕は左手甲をやや下に向けて「外旋」させる●左足軸で体を回転してインサイドアウトに振ろう●「右回りのスイング」でゴルフの悩みをすべて解消●腕をリラックスさせて肩を縦に近い角度で回そう●調子がおかしくなった時は「クラブヘッドの残像」を見よう●SWの転がしでパワー効率の良いインパクトを理解する●バランスの良いスイングの感覚がつかめるドリル●Part 3 スコアロスを抑えるマネジメント学●フェアウェイの「本当の真ん中」を見極める●その日の調子でターゲットの幅を調整する●自分のミスの傾向を知っておくのも大切なこと●パー5は「3打目をやさしく打てる」状況をつくる●ナイスショットでピッタリのクラブを持とう●傾斜地では「本番ショットの素振り」がカギを握る●「ボールのライ」を見て使えるクラブを判断する●グリーン周りからは「3打」で上がればOK●アプローチは「イメージ力」が決め手となる●上げるアプローチと転がすアプローチを使い分ける●バンカーショットはアプローチと同じように打つ●バンカーはホームランを怖がらない●スタート前のパット練習にはコツがある●ロングパットは「カップの手前」で止める●タッチによってラインが変わることを理解しておこう●ショートパットは絶対に「カップの右」に外さない●奥付

続きを読む
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード