【最新刊】子規、最後の八年

子規、最後の八年
1冊

関川夏央

1,026円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

二十八歳で結核を発症し、三十五歳で逝った正岡子規。脊髄カリエスによる激しい痛みに堪えながら、新時代の言語表現を追求する彼の病床には、漱石・虚子ら多くの友が集った。そしてその濃密な晩年は、現代日本語の書き言葉を完成させる道程でもあった。命尽きるまで情熱を燃やした子規の功績を辿る、近代日本文学史の労作。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード