【最新刊】サムスン 日本を追いつめた“二番手商法”の限界

サムスン 日本を追いつめた“二番手商法”の限界
1冊

池田光史/後藤直義

324円(税込)
ポイント 3pt

通常ポイント:3pt

最新刊を購入

カゴに追加

全体の売り上げは30兆円。サムスンは韓国最大の財閥企業グループだ。その中核を成すサムスン電子は、前を行くライバル企業を徹底的にキャッチアップすることで、急成長を遂げてきた。日本の家電メーカーのみならず、あのアップルですらその追撃をかわせず、世界各地でシェア逆転を許している。しかし今、逆に追われる立場になったことで、サムスンの戦略には大きな転機が訪れている。強欲な韓流企業が直面する「限界」に迫った。『週刊ダイヤモンド』(2013年11月16日号)の第1特集を電子化しました。雑誌のほかのコンテンツは含まれず、特集だけを電子化したため、お求めやすい価格となっています。

続きを読む
提供開始日
2014/04/18

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード