アメリカの世界戦略を知らない日本人 「イラク戦」後、時代はこう動く

著:日高義樹

1,200円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本人は世界の枠組みが大きく変わったことを理解しておらず、眼前の国際情勢を正しく状況判断できずにいる。そんな日本人に、ブッシュ政権要人の肉声を伝え、アメリカが考えているシナリオを的確に描き出した、瞠目の一冊である。もはや冷戦思考の延長では国際政治は語れない。アメリカの新しい戦略はテロリストへの積極的先制攻撃であり、冷戦時代の「抑止力と封じ込め」とは全く異なる。もはやアメリカは、本質的には同盟国すら必要としておらず、自国一国の力ですべてが解決できると考えている。さらにいまのブッシュ政権は、ここしばらくの歴代政権の中では抜群の結束力の強さを誇っている。この力を用いて、まずは中東に決定的な影響力を確立する。そして次は北朝鮮、そして中国。さらに、ドルの立場を守るための日本金融行政とのきわどい対決……。新たな世界の流れを正しく認識し、日本の新しい国家戦略を構築するために必読の書。

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2013/08/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2014/11/08Posted by ブクログ

      封じ込めと抑止力を元にした大量報復戦略は1940年代の末、トルーマン大楼帳が世界に発表した対共産主義戦略で、その基本の部分は1947年に成立した国家安全保障法にある。

      アメリカは国家戦略とsてい同盟...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000254211","price":"1200"}]

    セーフモード