【最新刊】起業家はどこで選択を誤るのか ― スタートアップが必ず陥る9つのジレンマ

起業家はどこで選択を誤るのか
1冊

著:ノーム・ワッサーマン 訳:小川育男

3,780円(税込)
ポイント 37pt

通常ポイント:37pt

だれと起業するか?だれを雇うか?だれに投資してもらうか?全米最高峰の<起業の授業>と絶賛された、ハーバード・ビジネススクールの気鋭教授が明かす、起業の「失敗の本質」。他に類を見ない圧倒的な調査・研究による「濃密なケーススタディ×詳細な統計データ」約1万人の起業家データベース、有名・無名の起業家へのインタビュー、全米の起業家調査の収集・分析など、ワッサーマン教授10年間の研究をまとめたのが本作。教授は米国経営学協会イノベーション教育賞、ハーバード・ビジネススクール優秀教職員賞、全米トップ10アントレプレナーシップ・コース(インク誌)を受賞するなど、いま注目の学者のひとり。</p><p><本書で扱われる主なトピック>●1人で起業するか、チームで起業するかを判断するポイント●早い起業と遅い起業のメリットとデメリット●誰と起業するかをどう決めるのか、相手によって考慮すべきことは何か●肩書きはどうやって決めればよいか●エクイティや給与はどう決めたらよいか●いつ誰をどんな役割で雇えばよいか●投資家とはどう付き合っていけばよいか●ファウンダーCEO交代はどんなきっかけで、どのように起こるのか●富とコントロールを両立した「起業家の理想」は実現可能か●ブロガー、オデオ、ツイッター創業者の破天荒起業録●典型的な「人の問題」に陥ったジョブズ&ウォズニアック

続きを読む

レビュー

3.6
5
5
1
4
2
3
1
2
1
1
0
レビュー投稿
  • 2019/04/30Posted by ブクログ

    人間関係にフォーカスを当てているのは面白い。元々深い仲の同志で起業したが故に、誰がCEOになるか、給料分配をどうするか、というセンシティブだが重要な話題を避けてしまい、以降同様な話題ができなくなる、と...

    続きを読む
  • 2018/03/25Posted by ブクログ

    * シリコンバレーの影響力が強くなったとはいえ、ここまでたくさんのスタートアップから定性的にデータ取って、研究として分析してる人がいるのかということに素直に驚いた。HBSの教授なんですね。
    * ただそ...

    続きを読む
  • 2018/03/18Posted by ブクログ

    起業興味あるけど何から始めればいいのかわからない。
    ノームワッサーマンは起業家のジレンマに関する第一人者らしいから読んでみたい

もっと見る

セーフモード