【最新刊】日本語の豊かな使い手になるために : 読む、書く、話す、聞く [新版]

日本語の豊かな使い手になるために : 読む、書く、話す、聞く [新版]

著:大岡信

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    今日ほど、ことばの教育が困難な状況に面しているときはなかったのではないだろうか。日本語を書くことだけではなく、読むことすらカッタルイと感じる若者も多い。そのなかで、ことばの教育の出発点をどこに求めればよいのか。ことばの楽しさと豊かさを味わうための哲学と方法が、詩人と実践家の交流によって切り拓かれた。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    293ページ
    提供開始日
    2014/04/25

    レビュー

    • null巻2012/07/22Posted by ブクログ

       「無味乾燥」な言葉。こういう表現もあるんだなと、一番この言葉に驚きました。
       自分が話したり、書く言葉に「無味乾燥」な言葉がないか振り返りました。こういう言葉を使わないように心がけたいものです。
       ...

      続きを読む
    • null巻2016/11/26Posted by ブクログ

      詩集と一緒に購入。

      読む・書く・聞くことについて、またその目的について、詩を取り扱う方の視点での見解を知るのは面白いと思います。

    セーフモード