世代間利害の経済学

著:井口泰

2,420円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    過去20年の日本社会では、世代間に横たわる利害対立を反映する問題が深刻となり、それは、雇用や社会保障だけでなく、家族の絆や地域コミュニティの崩壊にも影響を及ぼしている。それら世代間利害対立のメカニズムを究明し、次の世代に希望のある日本を託すための戦略を考察。経済学の視点から超少子化を是正するための総合的家族政策と、社会の底辺への滞留を防止するための社会統合政策、グローバル経済のリスクを軽減するための東アジア経済統合の進め方を提案する。/序章:グローバル経済化のリスクと世代間利害第I部:世代間利害調整の諸課題1章:拡大する需給ミスマッチと労働市場政策の役割2章:雇用をめぐる世代間利害調整3章:社会保障をめぐる世代間利害調整4章:少子化のメカニズムと家族政策の可能性第II部格差の拡大と社会統合5章:人口減少下の経済格差と非正規雇用6章:正規・非正規雇用の格差と差別禁止政策7章:人口減少下の社会統合と外国人政策8章:人口減少下の産業再生と地域雇用第III部:東アジア経済統合とその社会的側面9章:東アジア経済統合と労働市場の展望10章:東アジア経済統合の社会的側面の強化に向けて

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000254165","price":"2420"}]

    セーフモード