システム思考と刑事法学 : 21世紀刑法学の視座

著:松村格

2,750円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    あらゆるシステムは、相互作用関係によって自己システムの定常性(安定性)を保全し再生産している。刑法もまたシステムである。総則と各則からなるシステムであり、各条文は構成要件と法的効果からなるシステムであり、構成要件は各種の諸要素からなるシステムである。自然人たる人間中心の思考方法が刑法学の世界では主体となっているが、その思考方法では限界があろう。刑法学へのシステム論の導入の必要性を熱く論じる。/第1章:「法の理論と哲学におけるディヒョトミー化」について第2章:刑法にとって自由意思論は無用か第3章:刑法と自由意思第4章:認知科学と故意・過失論第5章:刑法(学)のための行為概念─システム理論的構想の素描第6章:認知科学と刑法的行為論─アウトポイエティッシュなシステム理論を顧慮して第7章:共謀共同正犯第8章:組織と犯罪─システム理論と経営組織論からのアプローチ第9章:企業法人の犯罪主体性第10章:ドイツ環境刑法の概観第11章:21世紀刑法学の視座─システム思考の必要性

    続きを読む

    レビュー

    まだレビューはありません。作品の好きなところを書いてみませんか?

    レビューを投稿する
    [{"item_id":"A000254164","price":"2750"}]

    セーフモード