【最新刊】写真との対話

写真との対話

1冊

著:森山大道

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

    写真は光と時間の化石である!カメラを介して世界に語りかけ、撮る行為をとおして世界が語る言葉を聞く「光の狩人」の写真との絶えざる対話から紡ぎ出された言葉とハイコントラストなまなざしの系譜。初版本に大幅に加筆して新登場。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    272ページ
    提供開始日
    2014/04/25
    連載誌/レーベル
    写真叢書
    出版社
    青弓社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/09/24Posted by ブクログ

      テレビで森山大道が暗室でずっと作業しているのを見て、写真に興味を持った高校生の頃に読んだ、紀行文的なエッセイ。撮影旅行の話や、その他の写真家の話も出てきておもしろかった記憶がある。

      近いうちに読み返...

      続きを読む
    • 2004/11/14Posted by ブクログ

      写真家は言語の替わりに写真で語ると前に何かで読んだ事がありますが、氏は言葉でも語れる希有な写真家ではないかと思うのです。

    セーフモード