随筆集 めぐりあいのふしぎ

著:坂村真民

1,472円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

    詩作に人生をささげた国民詩人・坂村真民による、出会いと別れがおりなす人生の悲喜。国民詩人・坂村真民が遺した渾身の随筆集・三部作。その第二弾が、装いも新たに復活(旧版『生きてゆく力がなくなる時』)。今なお私たちを感動させ続ける数々の詩には、人と人が出会うことの喜び、そしていつかは来る別れへの悲しみが満ちていた。誰よりも詩のために生き、誰よりも詩の力を信じた著者が「めぐりあい」の美しさを情感豊かに描く。【本文より】――すべて結び合うものが縁なのである。そしてそれは人間だけの世界のものではなくて、木にめぐりあうのも、草にめぐりあうのも、まことに不思議な縁によるものである。――

    続きを読む

    レビュー

    5
    2
    5
    2
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/01/20Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2009/10/06Posted by ブクログ

      「念ずれば花ひらく」、「二度とない人生だから」、「めぐりあいのふしぎ」。そして、「生きてゆく力がなくなる時」
      この詩人の想いに心洗われ、生ききることがどのようなものかを教えてもらった。
      人、そして出来...

      続きを読む

    セーフモード