「六男二組」の太平洋戦争 日本の教育がきらきら輝いていた日!(小学館文庫)

著:佐々淳行

627円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。「戦争を生き延びて必ずみんなで西郷さんの銅像の下に集まろう」卒業式で先生と交した“男の約束”。訓導伊藤信雄先生の生徒たちへの限りない愛情、そして死。故伊丹十三監督も映画化を望んだ戦争記録文学幻の名作!※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/04/07Posted by ブクログ

      知育・徳育・体育。この3つが子供の教育に必要な要素だ。たった3つ、だけどこのたった3つをきちんと教え得る教師が今どれだけいるだろうか。 / そもそも、自分にはこの伊藤先生ほど「恩師」と呼べるような教師...

      続きを読む
    • 2007/07/30Posted by ブクログ

      いや、伊藤先生かっこいい。

      戦時下の東京で「六男二組」の仲間たちと伊藤先生を中心にどんな青春を送ったかが、とても分かりやすく、そしてとても生き生きとした人生だったと感じさせてくれる作品です。
      伊丹監...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000253983","price":"627"}]

    セーフモード