つくも神のゆゆばあ

作:吉川知保

572円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    冬休み、みずきはパパといっしょに、ひいばあちゃんの家で年末をすごすことになった。田舎の古い家では、夜中になぞの声がきこえたり写真の人がわらいかけてきたりと、おかしなことがおこる。空想ずきで妖怪や魔法の本が大すきなみずきは、声の正体をつきとめようと、家のうら手にある土蔵へむかう。そこには、身長五十センチほどのふしぎなおばあさんが…。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    3
    5
    1
    4
    0
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2016/03/22Posted by ブクログ

      主人公たちがつくも神のゆゆばあなどと力を合わせてたくさんのつくも神たちを助けることろで、心が強く打たれます。たくさんの登場人物がでてきて、とてもおもしろいです。

    • ネタバレ
      2011/10/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2010/05/16Posted by ブクログ

      小学校3年生のみずきは、
      妖怪図鑑や魔女図鑑が大好きな女の子。
      ショートカットの寝癖も気にせず、よく男の子に間違われる。
      お正月を過ごすため年末からひいおばあちゃんの家に遊びに行き、
      土蔵で身長50セ...

      続きを読む

    セーフモード