砂漠の国からフォフォー

作:中川なをみ 画:舟橋全二

1,001円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    地元の幼稚園で働くあゆらは、「もっと自分にできることがあるのでは」という思いを抱えている。そんな時に見つけた「青年海外協力隊」の記事に、心が強く動かされた。「これだ!」難関をクリアして派遣されたのは、西アフリカのニジェール共和国。気力をうばうほどの暑さ、貧しさからくる死、男尊女卑の厳しい職場…。習慣や文化の違いにとまどい、悩みながらも、現地の子どもたちの輝く瞳を原動力に、自分の信じた道を、まっすぐに歩んでいく女性、あゆらの物語。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/05/07Posted by ブクログ

      純粋に文学作品として評価すれば、欠点はたくさんある。
      でも、ニジェールを舞台にした小説ってないから、興味深かった。
      ナイジェリア人のアディージェは読んだことあったけど、ナイジェリア人にとってはナイジェ...

      続きを読む
    • 2014/01/08Posted by ブクログ

      「フォフォー」とは西アフリカのニジェール共和国サイという村で使われる言葉で挨拶の意味があります。この物語の主人公あゆらは自分にもっと出来ることがあるはずだ!と感じ、青年海外協力隊の幼稚園教諭としてニジ...

      続きを読む
    • 2012/09/26Posted by ブクログ

      アフリカ、ニジェール。
      激しい暑さと乾燥。辺りは一面砂。家の中にもカメラの中にも侵入する砂。
      汗は瞬時に乾くけれど、皮膚には塩が残り擦ると肌を痛めてしまう。
      どんどん低下する食欲。そりゃそうなるな。
      ...

      続きを読む

    セーフモード