【完結済み】白暮のクロニクル 1巻

白暮のクロニクル

完結

ゆうきまさみ

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

そこは、「悲しき不老不死――オキナガ」が存在する世界。厚生労働省の新米公務員・伏木あかりが配属されたのは不死の種族「オキナガ」を管理する部署。厚労省での仕事1日目にオキナガ惨殺事件と遭遇し怪死事件を追う任務を与えられる、あかり。しかも見た目は少年、中身は88歳老人の殺人事件マニア・雪村魁とタッグを組まされ…。時を越えて生きるオキナガに起こる怪死事件、彼らの想いが紡ぐ年代記(クロニクル)。日常系×非日常ミステリーの世界へようこそ!

続きを読む
ページ数
209ページ
提供開始日
2014/04/25
連載誌/レーベル
ビッグコミックスピリッツ
出版社
小学館
ジャンル
青年マンガ
  • 白暮のクロニクル 全 11 巻

    未購入の巻をまとめて購入

    白暮のクロニクル 全 11 巻

    6,655円(税込)
    66pt獲得

レビュー

4
81
5
19
4
48
3
14
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2016/02/14Posted by ブクログ

     ゆうきくんとは学生時代、『究極超人あ〜る』のゆるい笑いにはまってしまって以来のお付き合いだ。

     ゆうきまさみの10年ぶりの新作である。10年何やってたかというと、『鉄腕バーディ』をやっていたわけだ...

    続きを読む
  • 2016/02/14Posted by ブクログ

     不死者の物語は幾多あるが、不死の理由は、もう死んでいるから死なない、死なないほど頑丈、回復力が異様に強い、だいたいこんなパターンだろう。神的な存在はそもそも生物のように生きてはいないから、ゾンビと同...

    続きを読む
  • 2016/02/14Posted by ブクログ

     『白暮のクロニクル』は全体をつなぐ連続殺人鬼“羊殺し”の謎を縦糸に据えながら、各巻において殺人事件とその謎解きが完結するという構造をとっている。
     本巻では若い女性が殺害される。しかも内臓を抜かれて...

    続きを読む
開く

セーフモード