波王の秋

北方謙三

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    時代は南北朝。肥前のとある浜辺に一人の男が泳ぎついた。密使だった。済州島のナミノオオは、上松浦党水軍に手を結ぼうと持ちかける。やがて両軍の後押しで、波王水軍が旗揚げされた。若き上松浦党の後継・小四郎を大将として。海を祖国を護らねばならない。熱き思いを胸に秘め、小四郎が立ちあがる。敵は、強大な元朝。そして決戦の時は、今。大海原を舞台に描かれる北方歴史ハードボイルドの会心作。

    続きを読む

    レビュー

    • 2008/06/06Posted by ブクログ

      武文・・・・・・・ッ!!
      口を覆って涙が零れそうじゃーーー。
      そんな始まりではないのですが、まず、胸を突かれるのが、柏武文と言う雄雄しくも死んだ武士でした・・・
      時代は南北朝。主人公は小四郎。上松浦党...

      続きを読む
    • 2017/10/30Posted by ブクログ

      風邪を引いて、余り精神に応えるものは読みづらく、ついつい手にとった作品です。
      前回の記録が2001年で、このとき既に再読ですから、今回は再再読か。いや、もっと行ってるかも知れません。でも、面白く読め...

      続きを読む
    • 2011/05/04Posted by ブクログ

      2011年05月 01/024
      北方南北朝シリーズで、三度目の元寇を防ぐために立ち上がる海の民の話。中国史詳しくないので、これがどこまで史実なのかはわかりません(もう一度元寇が計画されてたのかとか)が...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000253552","price":"770"}]

    セーフモード