チョコレートの町

飛鳥井千砂

583円(税込)

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    不動産会社の支店で店長の遼は、故郷にある店舗に一時的に赴任する。閉塞的な土地柄や何事にもいい加減な家族を嫌っていたが、友人の結婚問題や、父親の退職にまつわるトラブルなどを経て、見方が変わっていく。そして遼自身も自分を見つめ直してゆく。共感度抜群のエピソードがちりばめられた、青年の成長物語。

    続きを読む

    レビュー

    • 2013/07/15Posted by ブクログ

      うん、やっぱ俺好きだなー、飛鳥井さんの小説。
      どこにでもありそうな町の日常を切り取ったもので
      そんなにおっきな浮き沈みもないのに退屈もしないし
      どんどん読み進めたくさせてくれる。不思議な感じ。

      チョ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/06/27Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2019/10/13Posted by ブクログ

      舞台は地方都市の近く、チョコレート工場からの匂いが漂う中途半端な田舎町。
      そんな町や無神経な家族に嫌気が差していた主人公の遼は、大学から都会に出ていたが、仕事の都合により臨時で故郷に帰ることになる。
      ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000253287","price":"583"}]

    セーフモード