【最新刊】戦後アウトローの死に様

戦後アウトローの死に様

山平重樹

726円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    生き様とはすなわち、「死に様」である。戦後を生きる日本人に大きな影響を与えた人物の死に様を通して、「昭和とはなんだったのか?」「生きるとはどういうことか?」を考察する。取り上げる人物は、三島由紀夫/森田必勝/野村秋介/奥野剛士/森恒夫/斉藤和/深作欣二/笠原和夫/松田優作/梶原一騎etc.

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/11
    出版社
    双葉社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(2件)
    • 戦後アウトローの...2014/07/13Posted by ブクログ

      テロリスト、革命家、ヤクザ、役者の死に様が掲載されている。
      割腹自殺している連中が何人かいるが介錯も無いから壮絶といえる。

    • 戦後アウトローの...2013/11/23Posted by ブクログ

      ある種の熱狂を伴った戦後の隆盛の中で、様々な形で散った人々の最期の記録である。様々な人の生き様から人間本来のさがや気概や狂気や侠気を触れることができた。

    セーフモード