【最新刊】頑張るときはいつも今 ドイツ・ブンデスリーガ「日本人フロント」の挑戦

頑張るときはいつも今 ドイツ・ブンデスリーガ「日本人フロント」の挑戦

1冊

瀬田元吾

1,144円(税込)

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    香川や長谷部、清武らの活躍で一躍、日本人選手が認知されたドイツ・ブンデスリーグ。その陰には、05年、単身ドイツ入りし、いまはブンデスリーグのフロントして活躍する日本人がいた。彼がドイツに渡った理由。そして、日本人選手獲得までの道のり。日本サッカー界への提言を語る。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/11

    レビュー

    4
    4
    5
    1
    4
    2
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/08Posted by ブクログ

      達成に向けた行動力と、思考プロセスが素晴らしい。こういう考え方が出来るからこそ、先駆者なのだと思う。

    • 2014/10/28Posted by ブクログ

      ドイツ・ブンデスリーガで、プロサッカー選手としてではなく、裏方のフロントとして頑張っている日本人の話。もっと出世をして頂いて、続編が見たいです。

    • 2014/05/11Posted by ブクログ

      ドイツのクラブでスタッフとして働く瀬田氏の半生を書き連ねた本。確かに頑張ってはいるけれども、社会人時代に先輩から叱責を受けた場面を含めて、頑張っている感がそれ程感じられない、それよりもコネと言うか、何...

      続きを読む
    開く

    セーフモード