相続はふつうの家庭が一番もめる 大増税時代の遺言と節税対策

著:曽根恵子

720円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    他人事だと思ったら大間違い!円満な相続にするために、いまできることは――財産が少ないほうが深刻なのはなぜか。2人きょうだいがもめる理由とは?これまで12,000件以上の相談にのってきた著者が、税制改正を前にして、どうしたら円満な相続ができるのか、代表的な事例とともに徹底解説する。あんなに仲がよかった家族なのに、親子や兄弟姉妹で話し合うことすらできなくなってしまうことがある。最悪のケースでは、調停や裁判に持ち込まれることも。「うちは、もめるほど財産がないから関係ない」――そんなことは決してない。むしろ少ない家ほど遺産分割がうまくいかないケースが増えている。他人事だと思ったら大間違い。相続は、早く準備をするに越したことはない。節税にもつながり、家族で豊かな将来を考えるいい機会になるはずである。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/04/25Posted by ブクログ

      営業活動とはこういうものだ。税理士でも弁護士でもなく不動産会社に相続相談をする理由がつらつらと書いてある。

    • 2016/06/16Posted by ブクログ

      前半は納得する部分もあったけど、後半は他士業をけなして自分のビジネスの宣伝と化していた。プロとして真摯な者もおれば、自己研鑽を怠り金儲け主義の輩もいるのは、どの業種でもあてはまるだろう。あれだけ他の専...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000252964","price":"720"}]

    セーフモード