3時間で身につく プロ弁護士の武器と盾になる話し方

著:木山泰嗣

1,100円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    同じ話をしているのに、ある人が話すとすんなり受け入れられ、自分が話すと否定される。準備万端で会議に臨んだのに、予想外の批判を受けて言葉に詰まった。……こんな経験はないだろうか。プレゼンや顧客との交渉、上司の説得。仕事では、様々な場面で「話す力」が問われる。メールや書類なら事前に推敲して完璧にできるが、会話はそうはいかない。「いい答えが思い浮かばず、うまく言い返せなかった」と悔しく思うことも多いだろう。本書は、プロ弁護士である著者が裁判や株主総会などで「頭のいい人」と戦い、磨いてきた会話テクニックの集大成である。議論がぎくしゃくしてきたら「ここで話を整理しておきましょう」予期せぬ質問や批判を受けたら「念のため確認をさせてください」こんなひと言があなたの発言に説得力を持たせる。効果的な表現例が一目でわかるよう太字で表記し、また章末に要約をまとめた。忙しいビジネスパーソンでもすぐ読める一冊。

    続きを読む

    レビュー

    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      やっぱり弁護士はキレる。

      事前につっこまれるとこは予想のうえ、予防線となる前置きをする。

      誰々はこう言ってる、という。

      メモはすごく大事。

      曖昧な表現使わない。

      統計を見るくせをつくる。

      ...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      具体的な文例は、役に立つ。何度も復唱して見につけたい。
      ■つっこまれそうな点を予想して話す
      ■聞かれた話の内容を的確に伝える
      ■選択の自由を与えつつ、専門的な意見を言う
      ■話を整理する
      ■話を要約する...

      続きを読む
    • 2020/06/24Posted by ブクログ

      弁護士だけでなく一般的に当てはまるような内容が主で読みやすかった。ただ個人的にはもう少し弁護士ならではの技みたいなのを期待してたので普通に感じたのと、後半はやや冗長的かなと。

    開く
    [{"item_id":"A000252953","price":"1100"}]

    セーフモード