【最新刊】ひとり暮らしののぞみさん

ひとり暮らしののぞみさん

1冊

文:蜂飼耳 絵:大野八生

858円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    64ページの短い物語ですが、長編小説を読んだときと同じような読みごたえのある作品です。中原中也賞詩人である蜂飼耳さんの繊細な言葉、イラストレーターの大野八生さんによる卓抜な色づかい。径書房の自信作です。──ひとり暮らし、楽しんでいますか?※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    67ページ
    提供開始日
    2014/04/18
    出版社
    径書房
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.7
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/12/26Posted by ブクログ

      挿し絵が、大きめの小鳥も小さめの小鳥ものぞみさんも足だけ見えたり、全体を見せないのが良い。
      独特の空気感のある文章が、美しくて好きだった。

    • 2011/03/03Posted by ブクログ

      友人との別れを関係からの引き算ではなくて、元々あった一として存在させることが素敵だと思った。一と一との友人関係、というのは寂しく聞こえるかもしれないが、依存の無いその向こうに太さがある。ぶれなくてどっ...

      続きを読む
    • 2011/03/02Posted by ブクログ

      絵本のようで詩のようで文学のようで。
      みんなで凧もなかを食べる夜も、ひとりで味わって食べる夜もそれはそれでわるくない。

    開く

    セーフモード