【最新刊】絶滅した奇妙な動物 2

絶滅した奇妙な動物
2冊

著:川崎悟司

1,296円(税込)
ポイント 12pt

通常ポイント:12pt

奇妙な動物全10頭。3Dイラストつき。他、絶滅動物総勢108頭をオールカラーで復元。彼らはなぜ繁栄し、絶滅したのか?知的好奇心をくすぐる古代生物図鑑第2弾。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む
ページ数
198ページ
提供開始日
2014/04/25

レビュー

3.1
7
5
0
4
2
3
4
2
1
1
0
  • 2019/01/12Posted by ブクログ

    2014年5月21日は、メアリー・アニング 生誕215年。 メアリー・アニング(Mary Anning、1799年5月21日 - 1847年3月9日)は、イギリスの初期の化石採集者で古生物学者。 ⇒...

    続きを読む
  • 2018/10/08Posted by ブクログ

    巨大なミミズ、オウムガイ、ムカデ、体重一トンを越えるネズミやヘビ、ドラゴンのような手と独立した羽根をもったトカゲ、腹にしか甲羅のないカメ、軽快に走るワニ、ほんとうに地球の歴史は奇妙な動物たちの絶滅の歴...

    続きを読む
  • 2018/10/08Posted by ブクログ

     成人女性よりでかいペンギン、肉食のパンダ、70cmもあるトンボ、羽毛恐竜、アルマジロみたいな甲羅をもったワニ、体長3mの鳥、ほんとうにこんなのいたのかという動物の図鑑の続編です。

もっと見る

セーフモード