【最新刊】絶滅した奇妙な動物 2

絶滅した奇妙な動物

2冊

著:川崎悟司

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    奇妙な動物全10頭。3Dイラストつき。他、絶滅動物総勢108頭をオールカラーで復元。彼らはなぜ繁栄し、絶滅したのか?知的好奇心をくすぐる古代生物図鑑第2弾。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    198ページ
    提供開始日
    2014/04/25

    レビュー

    3.1
    8
    5
    0
    4
    2
    3
    5
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/21Posted by ブクログ

      恐竜にせよ、絶滅した魚類にせよ、化石から、その生物がどうやって獲物をとらえていたかだとか、生活していたかだとか、歩き方もそうですが、いろいろな事実や仮説を導き出しているのはすごいなあと思いました。古生...

      続きを読む
    • 2019/01/12Posted by ブクログ

      2014年5月21日は、メアリー・アニング 生誕215年。
      メアリー・アニング(Mary Anning、1799年5月21日 - 1847年3月9日)は、イギリスの初期の化石採集者で古生物学者。
      ...

      続きを読む
    • 2017/08/05Posted by ブクログ

      図鑑。
      何冊か古生物に関する本を読んできたおかげで、見覚えのある動物が多い。特に古生代から中生代。
      印象的だったのは、ステラーダイカイギュウ。温厚な性格で攻撃したり逃げたりはしない、仲間が傷付くと助け...

      続きを読む
    開く

    セーフモード