【最新刊】シューティングゲームサイド Vol.12

シューティングゲームサイド
13冊

編:ゲームサイド編集部

1,028円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。●巻頭特集ファミコン・シューティング特集『ザナック』開発者 広野隆行インタビュー●特集『ゴシックは魔法乙女~さっさと契約しなさい!~』ケイブ 池田恒基(IKD)インタビュー●話題作『MUGEN VRITRA(ムゲンヴリトラ)』『Catapulton(カタパルトン)』●ゲーム音楽Hiro師匠 インタビュー『F/A』イベントレポート新作サントラピックアップ●同人ゲーム『INFINOS2』開発者 ピコリンネソフト RYO インタビュー●コラム業務用シューティングゲーム 同時プレイシステム概論●シューティングゲーム美術館●シューティングゲーム名作選●ミニシューティング発掘展●BEEPの「ゲームを10倍楽しくするコラム」●素晴らしきシューティングの世界観。●上村建也の『好きにせんかい!』

続きを読む
ページ数
165ページ
提供開始日
2015/06/05

レビュー

4
4
5
0
4
4
3
0
2
0
1
0
  • 2019/01/07Posted by ブクログ

    休刊したと思ったらSTG専門誌として大復活でござるの巻 とはいえゲームサイドのSTG特集とあまり変わらない内容 けれども攻略以外でこういうこと以外何を書けって言うのだという話でもある 十分よみごたえあ...

    続きを読む
  • 2018/12/09Posted by ブクログ

    表紙にも「逆境」「孤高」とある通り STG、なかでも2Dに限定して愛するひとたちは 初心者のためにとかいいつつ難しいことを礼賛 そういうことと懐かしの思い入れしか書いてないが その狭い範囲でこういう本...

    続きを読む
  • 2018/12/09Posted by ブクログ

    スターフォックスは有りなのかYO! この本が言う「シューティング」ってなんなん? シューティングこうげんがくとか言ってるひとはSTGとアクションゲームを意図的に混同してね? スト2も三国志大戦もディス...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード