【最新刊】パソコンは猿仕事(小学館文庫)

パソコンは猿仕事(小学館文庫)

1冊

著:小田嶋隆

495円(税込)
1%獲得

4pt(1%)内訳を見る

    現代のオフィスを徘徊する妖怪パソコン。パソコンにより個別のビジネスマンの能力は向上したかもしれない。しかし、パソコンは本当に仕事を効率化しているのか?むしろ、仕事の本質を見失わせ、せわしない合理化競争を加速する一方ではないのか?街にはリストラの嵐が吹き荒れている。気鋭のコラムニスト小田嶋隆がハイテクバビロンの虚妄を痛快に笑いのめす。ハイテク中毒者からパソコンアレルギー患者まで、思わず納得の一冊。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    ページ数
    226ページ
    提供開始日
    2014/04/18
    連載誌/レーベル
    小学館文庫

    レビュー

    3.5
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/04/15Posted by ブクログ

      13年前の作品。パソコンにまつわる話は古臭く感じるが、そこには今でも十分通じる普遍的な真理が含まれているのだ。
      小田嶋隆の論考は昔から鋭かったのだなあ。

    • 2012/09/19Posted by ブクログ

        内田樹・平川克美さんのメルマガで推薦されていた本の一冊。

       とにかく、パソコンに弱いおじさんをおちょくっていて、おもしろい。

       小田嶋氏もそこそこでレベルで、まあ、自分くらいの年格好なので、パ...

      続きを読む
    • 2012/04/30Posted by ブクログ

      『Bug News』の連載が切り口鋭く、本当に楽しみでした。

      本書は、それよりずっと後の、書き下ろしなので初めて読みます。

      エッセイ集なのですが、表題の「パソコンはビジネスを猿仕事にしてしまっ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード