レアルとバルサ その背中あわせの歴史 2大クラブを大局的に読み解く

著者:西部謙司

1,430円(税込)
1%獲得

14pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    類稀なビッグクラブであるレアルとバルサ。あなたはこの2チームをどこまで知っているだろうか?繰り返される迷走と復活劇。クラブの歴史を知ることで見えてくる、新たな「クラシコ」像。

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2015/08/31Posted by ブクログ

       リーガ・エスパニョーラに長らく君臨する二チーム、バルセロナとレアル・マドリーの歴史を辿った一冊である。
       非常にコンパクトに、各年代におけるトピックがまとめられている。その事績を追っていく上では有用...

      続きを読む
    • 2012/03/25Posted by ブクログ

      (歴史)戦術評論家としての価値を一気に高めているだろう西部謙司氏のレアルとバルサ(スペインサッカー論)

      冒頭は、今の監督、レアルのモウリーニョとグラウディオラの対比から始まり、2章からは、創立からの...

      続きを読む
    • 2012/02/25Posted by ブクログ

      レアルとバルサ≒スペインのサッカーがわかる本。

      スタイルは近いけど、哲学が全く違う2チームがひとつの国にあるというのは幸せなことだと思う反面、その歴史はいろいろ深いものがあります。

      ブログはこちら...

      続きを読む

    セーフモード