神とただびと 朔月京物の怪語り

沙藤菫 著

990円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    桃花奪還に失敗し、ばらばらになってしまった登花楼の仲間たち。一人取り残されて途方に暮れる伊織を救ったのは、月白への反発から彼女を刺した春時雨だった。竜の祭殿で怪我を癒しながら、自身の取るべき道を考えては煩悶し、物の怪達から心ない言葉を浴びせられては苦しむ伊織を連れ出した春時雨。手をとり進む山道の先、目の前に現れたのは、故郷に置いてきた弟だった。過去の自分と直面した伊織は……。物の怪と人の交流を描いた平安絵巻ファンタジー、堂々完結!

    続きを読む
    • 朔月京物の怪語り 全 3 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      朔月京物の怪語り 全 3 巻

      2,970円(税込)
      29pt獲得

    レビュー

    • 2015/09/02Posted by ブクログ

      家族のために働きに出始めた少女。
      しかしそこは、不思議で怖くて驚きの場所だった。

      いやこれ、確かに回れ右して
      逃げ去りたい道すがらです。
      これを越えて出会えたのが…あのメンツ。
      個性豊かすぎです。
      ...

      続きを読む
    • 2015/05/15Posted by ブクログ

      伊織、桃花、白菊も登場人物の多くがアイデンティティというものに不安を抱いていて、寂しい人ばかりだったなあ。だから寄り添え合えた時の喜びがキラキラしていたと思います。特に言い争いを乗り越え伊織と春時雨に...

      続きを読む
    • 2015/05/12Posted by ブクログ

      “兄弟姉妹の確執”身内というものは何にも勝って強き絆となるものでもあり、ちょっとの拗れでも凶器にも似た溝ともなるなと、しみじみ。主人公の身の上のどんでん返しは予想してなかったので驚きました。健気なイイ...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000339576","price":"990"}]

    セーフモード