【最新刊】伯爵の花嫁候補

伯爵の花嫁候補

アニー・バロウズ 翻訳:富永佐知子

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    さえない田舎娘のわたしが、伯爵家の花嫁になれるわけがない。放蕩伯爵デベン卿は30歳を迎え、跡継ぎをもうける必要に迫られていた。久々に舞踏会に足を運んで妻にふさわしい女性を見つけようとしたが、蜜に群がる蜂のように玉の輿狙いの浅ましい令嬢ばかりが寄ってくる。うんざりした彼が大広間からテラスに逃げだしたところ、妖精を思わせる娘、ヘンリエッタと出会った。田舎から出てきたばかりの彼女はロンドン社交界から冷遇され、テラスの植えこみの陰で涙に暮れていたらしい。デベン卿はヘンリエッタを妻にしようと心ひそかに決め、放蕩者として名高い彼に警戒の目を向ける彼女に話しかけた。「きみを光り輝く社交界の華にしてやろう」

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/24
    連載誌/レーベル
    ハーレクイン・ヒストリカル

    レビュー

    レビューコメント(1件)
    • 1巻2014/05/02Posted by ブクログ

      4.2
      妄想たくましいデベン卿と素朴なヘンリエッタ。
      すれ違ってかわいい2人。プロポーズの場面面白い。

    セーフモード