【最新刊】量子もつれとは何か 「不確定性原理」と複数の量子を扱う量子力学

量子もつれとは何か 「不確定性原理」と複数の量子を扱う量子力学

1冊

古澤明

864円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    量子もつれでわかる新しい量子力学の世界。「2つの量子は離れていてもつながっている」というアインシュタインを悩ました現象を、不確定性原理と量子光学の実験を通して解説する全く新しい量子力学入門書。(ブルーバックス・2011年2月刊)※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、タブレットサイズの端末での閲読を推奨します。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能も使用できません。

    続きを読む
    ページ数
    194ページ
    提供開始日
    2014/04/04
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード