【最新刊】傭兵の誇り

傭兵の誇り

高部正樹

825円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    命を賭け戦い続ける日本人傭兵の実録体験記。アフガン、ボスニア、カレン…他国の平和の為に己の命を賭して戦い続ける日本人傭兵の実録体験記。口先だけで平和を語るエセヒューマニストを糺し、戦禍を潜り抜けてきた体験から「戦争」と「平和」の意味を問う!※【ご注意】この作品には図が含まれており、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立読みファイルをご確認いただくことをお勧めいたします。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/04
    連載誌/レーベル
    小学館eBooks

    レビュー

    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      東南アジア、中東で実際に傭兵として活躍している日本人の自伝。傭兵の賃金は驚くほど低い――というか、賃金すら存在しない場合がほとんどだという。著者は、日本でアルバイトして軍資金を貯め、また各地の戦場へと...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      知らない場所で正規の兵隊より過酷な戦いを強いられる生活なんて想像もつかないけれど、生きている場所が戦場であろうとどこであろうと、結局は「自分は大丈夫なんだ」と思い込みながら生きていくしかないのかなと思...

      続きを読む
    • 2020/07/15Posted by ブクログ

      『傭兵』という単語に萌えを感じるので、リアルを知る為に購入。生々しい話は興味深いものでした。RPGの傭兵とは別物だと実感。ちなみに、しっかり某二次創作のネタにもなったです。

    開く

    セーフモード