【最新刊】日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉

日本経済復活が引き起こすAKB48の終焉
1冊

田中秀臣

1,026円(税込)
ポイント 10pt

通常ポイント:10pt

最新刊を購入

カゴに追加

「AKB48の人気はいつまで続くのか?」誰もが一度は頭に浮かべたこの疑問。総選挙の盛り上がりなど、現象面から人気下落の傾向は見られないとする向きもあれば、前田敦子をはじめとする相次ぐメンバーの卒業を凋落の要因と見る人もいる。ところが本書はこのテーマに対して、グループの持つ能力や現象面ではなく、まったく違う「経済的視点」からメスを入れる。著者は長年にわたり日銀の政策を批判し、「アベノミクス」を先取りして提唱してきたリフレ派の旗手。「アベノミクス」と「社会モラル」という、2つの大敵との闘いを強いられるAKB48の苦境と未来を「経済学」で、先取りして予測する。

続きを読む
ページ数
329ページ
提供開始日
2014/04/04

レビュー

レビューはありません。

セーフモード