努力しないで作家になる方法

鯨統一郎

660円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    僕には小説しかない、小説家になるしかないんだ――。作家を目指して早9年経つが、一向に芽が出ない。平凡な会社員の僕には過ぎた妻と幼い長男がいて、家族の生活を支える身だ。時折よぎる不安。だけど、僕には才能がある。そう信じている!果たして作家志望の男・伊留香総一郎(いるかそういちろう)は夢を叶えられるのか!?感涙必至!覆面作家の虚実入り乱れたデビュー秘話小説。

    続きを読む

    レビュー

    • 2014/04/15Posted by ブクログ

      「覆面作家の自伝(的小説)」って...
      その存在の根本からして胡散臭いような(^ ^;

      「なるほど、鯨氏らしい」と思える部分と
      「意外とそうだったのか」という部分とがあり、
      鯨ファンには二度おいしい...

      続きを読む
    • 2014/03/21Posted by ブクログ

      デビュー作「邪馬台国はどこですか」を読んだのは、「本の雑誌」の紹介が切っ掛けだったと思う。宮部みゆきさんが褒めていると知ったのも大きかったはず。
      一読して、なんて面白いこと考える人だと驚いた。次々に人...

      続きを読む
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      小説とは思わず、ハウツー本かと思って手にした。
      著者の自伝的小説。これは、いい物語に出合ったうれしさと、この表題が何とも言えない感動を醸し出している。
      好きで好きで仕方のないことを毎日毎日続けることで...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000251458","price":"660"}]

    セーフモード