小説あります

門井慶喜

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    N市立文学館は財政難のため廃館が決定した。文学館に勤めていた老松郁太は、その延命のため、展示の中心的作家・徳丸敬生の晩年の謎を解こうと考える。30年前、作家は置き手紙を残して行方不明となっていたのだ……。謎解きの過程で郁太は、文学館の存続を懸けて「人はなぜ小説を読むのか」という大きな命題に挑むことに。はたして、主人公がたどり着いた結論とは!?

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2014/05/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2017/03/02Posted by ブクログ

      人はなぜ、それ(小説)を読むのか。
      物語の中には一応の答えがある。
      でも、100人いれば100個の、1000人いれば1000個の答えがあるように思う。
      小説から知識を得ようとして読む人はあまりいないだ...

      続きを読む
    • 2019/11/30Posted by ブクログ

      『おさがしの本は』の姉妹編らしいと知り読んでみましたが、3年後に市役所の総務課へ異勤となった和久山隆彦はでてきましたが、話としては本がテーマとはなっていますが、別物でした。

      N市立文学館でアルバイト...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000251446","price":"770"}]

    セーフモード