小説あります

門井慶喜

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    N市立文学館は財政難のため廃館が決定した。文学館に勤めていた老松郁太は、その延命のため、展示の中心的作家・徳丸敬生の晩年の謎を解こうと考える。30年前、作家は置き手紙を残して行方不明となっていたのだ……。謎解きの過程で郁太は、文学館の存続を懸けて「人はなぜ小説を読むのか」という大きな命題に挑むことに。はたして、主人公がたどり着いた結論とは!?

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード