【最新刊】働きながら、社会を変える。 ― ビジネスパーソン「子どもの貧困」に挑む

働きながら、社会を変える。
1冊

著:慎泰俊

1,620円(税込)
ポイント 16pt

通常ポイント:16pt

いまの仕事だけで満足できる?外資系金融機関で働いていた26歳の著者は、ある出来事をきっかけに、同世代の仲間を募って風変わりな組織を立ち上げる。目的は、みんなの空き時間を集めて貧困をなくすこと。取り組むテーマに選んだのは、児童養護施設を通じて知った、日本社会を蝕む「子どもの貧困」問題だった――リアルな体験を踏まえて身近に潜む「機会の不平等」を明らかにし、一人ひとりにできることを問う一冊。世の中は、一人の英雄によってではなく、みんなが少しずつ変わることで変化する。※この本から得られた印税収入については、税金を除いた全額が児童養護施設「筑波愛児園」に寄付されます。

続きを読む
提供開始日
2014/04/04

レビュー

4.1
57
5
19
4
25
3
13
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2018/12/12Posted by ブクログ

    大切なテーマだと思うが惹きつけられなかった。真面目すぎて遠い話のようということで、社会的テーマは読ませ方が問題だなと思った

  • 2016/12/08Posted by ブクログ

    慎さんの本は「15歳からのファイナンス理論入門」始め何冊か読んでいます。

    たまたま子供の貧困問題に興味を持っていたところ、慎さんがパートタイムでのNPO活動を通じてこの問題に取り組んでいるということ...

    続きを読む
  • 2016/10/05Posted by ブクログ

    投資の仕事をしていて経済に強いビジネスマンが、自分のプロフェッショナルを生かして児童養護施設へ貢献する実話。

    内容がぼかしすぎず、活動していく過程や筆者の心の動きがクリアに書かれている。落ち着いた、...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード