世界の経営学者はいま何を考えているのか ― 知られざるビジネスの知のフロンティア

著:入山章栄

2,090円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ●話題騒然!経営学の本としては異例の売れ行き。たちまち5万部突破!――「驚くほどわかりやすい」「目からウロコの連続」と大好評●ドラッカーなんて誰も読まない!?ポーターはもう通用しない!?米国ビジネススクールで活躍する日本人の若手経営学者が、世界レベルのビジネス研究の最前線をわかりやすく紹介。本場の経営学は、こんなにエキサイティングだったのか!競争戦略、イノベーション、組織学習、ソーシャルネットワーク、M&A、グローバル経営、国際起業、リアル・オプション、ベンチャー投資・・・ビジネス界の重大な「問い」は、どこまで解明されているのか。――知的興奮と実践への示唆に満ちた全17章。最先端の「ビジネスの知」がスラスラわかる!◆日本でのイメージとは大違い!驚きに満ちた「本場の経営学」国際的な経営学界で活動する日本人研究者はほんのわずか。また国内の経営学は事例研究が中心のため、海外ビジネススクールでの科学的・実証的な研究の成果が、日本ではほとんど知られていません。ドラッカーの著作は経営学とは見なされず、ポーターの競争戦略論のはるか先の議論が白熱、ソーシャルネットワークの理論が一大潮流になっている――世界の経営学の実状は、日本でのイメージとは大きく異なります。◆世界トップレベルのビジネス研究の「おもしろいところ」を厳選し、エッセイ風にわかりやすく紹介。本書は、国際的な経営学界にいる数少ない日本人研究者の一人が、世界レベルのビジネス研究の最新トピックを紹介する一冊です。話題は日本人ビジネスパーソンにとって示唆に富むものを厳選しました。膨大な学術論文の裏付けを示しながらも、語り口はあくまで平易で明解。エッセイのように気軽に読みながら、グローバル時代を生きる上で知っておきたい、世界レベルの経営学の「おもしろいところ」に触れられます。本書で扱われるトピック(一部)●経営学についての三つの勘違い●経営学は居酒屋トークと何が違うのか●ポーターの戦略だけでは、もう通用しない●組織の記憶力を高めるにはどうすればよいのか●「見せかけの経営効果」にだまされないためには●イノベーションに求められる「両利きの経営」とは●経営学の三つの「ソーシャル」とは何か●日本人は本当に集団主義なのか、それはビジネスにはプラスなのか●アントレプレナーシップ活動が国際化しつつあるのはなぜか●不確実性の時代に事業計画はどう立てるべきか●なぜ経営者は買収額を払い過ぎてしまうのか●経営学は本当に役に立つのか

    続きを読む

    レビュー

    • 2015/04/01Posted by ブクログ

      早稲田大学ビジネススクール准教授の入山章栄氏が書き下ろした本。これからMBAを考えている方には必見。学問で経営学のポジションニングや流派、そしてトレンドについてとても簡潔にかつ分かりやすく書かれている...

      続きを読む
    • 2013/07/13Posted by ブクログ

      刺激的。日本の経営学は一社または数社を丹念に観察するケース・スタディーの研究が多い。数値化できる経営の法則を証明できないか研究する欧米の経営学のフロンティアの紹介。

      ・企業とは何か、経営学には四つの...

      続きを読む
    • 2018/10/12Posted by ブクログ

      久しぶりにビジネス書を読んだ気がする。
      これは非常に面白かった。久しぶりに経営学に触れた。

      確かに大学院でも、経営学と実務との間には、大きな隔たりを感じた。大学院ではあくまでも学問であり、研究という...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000251108","price":"2090"}]

    セーフモード