【最新刊】国をつくるという仕事

国をつくるという仕事
1冊

著:西水美恵子

1,620円(税込)
ポイント 16pt

通常ポイント:16pt

【前・世界銀行副総裁が語るリーダーシップの真実】貧困のない世界を夢見て・・・23年間の闘いから見えてきたもの◆初めて訪れたエジプトの貧民街。少女ナディアが自分の腕のなかで息をひきとったとき、自分の人生が決定的に変わった――。基本的な医療があれば救える病気で命を落とす子どもたち。想像を絶する貧困の一方で、富があふれる都会があり、貧しい人々の苦しみを気にもかけない政治がある・・・。衝撃と怒りで一睡もできなかった帰路、著者は貧困と闘う仕事に取り組むことを決意する。世界銀行に入った著者は、南アジア各国、アフガニスタン、パキスタン、バングラデシュなど数多くの途上国を担当。貧困地域に自らホームステイして現場の問題を探り出し、安易に援助を行うのではなく、地元のリーダーを支援することで自律的な貧困脱却を促す。民衆を顧みない権力者には、「それでもあなたは政治家か」と怒り、一歩も引かずに闘い抜く。現場を軽視した施策は改め、ほんとうに必要な支援を追求する。貧困や悪政と闘いつづけた23年間。それは、この世界を変えたいと願う、あらゆる職場のリーダーたちと共に歩んだ道のりだった。農民や村長、貧民街の女性たちや売春婦、学生、社会起業家、銀行家、ジャーナリスト、政治家、中央銀行総裁、将軍や国王に至るまで――。本書は、「国づくり」の現場で出会った本物のリーダーたちの姿を情感込めて綴った回想記であり、今なお貧困や悪政の渦巻く世界を変えていくための、未来に向けたメッセージである。◆著者・西水美恵子氏は、女性としても日本人としても初めて世界銀行地域担当副総裁となった人物です。貧困との闘いにおいて、現地の人々自身のリーダーシップを支援することで成果をあげた他、自ら貧村にホームステイを行うなど、つねに「現場」に根ざした「国づくり」を推進しました。また、各国の為政者と信頼関係を築き、時には喧嘩も挑むなど積極的に政治改革を支援。ブータン国王・雷龍王4世やパキスタンのムシャラフ元大統領はじめ、多くのリーダーのエピソードが本書に綴られています。貧困との闘いの一方で、世銀内部の組織改革にも取り組み、その手法はピーター・センゲ教授はじめ経営学界でも高く評価されています。◆著者の意向により本書の印税はすべて「雷龍の国」ブータンのタラヤナ財団に寄付され、貧しい家庭の児童の教育費等に役立てられます。

続きを読む
ページ数
675ページ
提供開始日
2014/04/04

レビュー

4.4
84
5
47
4
27
3
10
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/05/30Posted by ブクログ

    元世界銀行副総裁の著者による、リーダーシップの本。リーダーシップを全面に出しているわけではないが、著者が担当エリア(南アジアが多い)に関して記述する中で、多くのリーダーが登場し、また著者自身もリーダー...

    続きを読む
  • 2019/05/12Posted by ブクログ

    『貧困解消への道は「何をすべきか」ではなく、「すべきことをどう捉えるか」に始まる。その違いが人と組織を動かし、地域社会を変え、国家や地球さえも変える力を持つ。』

    『国づくりは人づくり。その人づくりの...

    続きを読む
  • 2019/04/22Posted by ブクログ

    元世界銀行副総裁 西水美恵子 「 国をつくるという仕事 」


    印象に残ったのは 世界銀行の使命、アジアの悪政と貧困、バングラデシュのNGO(BRAC)、サーバントリーダー論


    解説で ビジネス啓蒙...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード