イシューからはじめよ

著:安宅和人

1,980円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ★ロジカルシンキング・問題解決の決定版! ★AI×データ時代の必携書。支持され続けて20万部突破! やるべきことは、100分の1になる!コンサルタント、研究者、マーケター、プランナー……生み出す変化で稼ぐ、プロフェッショナルのための思考術「脳科学×マッキンゼー×ヤフー」トリプルキャリアが生み出した究極の問題設定&解決法〈圧倒的に生産性の高い人〉に共通する問題設定&解決法「イシュー」とは、「2つ以上の集団の間で決着のついていない問題」であり「根本に関わる、もしくは白黒がはっきりしていない問題」の両方の条件を満たすもの。あなたが「問題だ」と思っていることは、そのほとんどが、「いま、この局面でケリをつけるべき問題=イシュー」ではない。本当に価値のある仕事をしたいなら、本当に世の中に変化を興したいなら、この「イシュー」を見極めることが最初のステップになる。目次はじめに 優れた知的生産に共通すること■序章 この本の考え方―脱「犬の道」■第1章 イシュードリブン―「解く」前に「見極める」■第2章 仮説ドリブン(1)―イシューを分解し、ストーリーラインを組み立てる■第3章 仮説ドリブン(2)―ストーリーを絵コンテにする ■第4章 アウトプットドリブン―実際の分析を進める■第5章 メッセージドリブン―「伝えるもの」をまとめるおわりに 「毎日の小さな成功」からはじめよう

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    493
    5
    184
    4
    203
    3
    86
    2
    17
    1
    3
    レビュー投稿
    • 2019/10/28Posted by ブクログ

      「手を抜くこと」「知りすぎて知恵が生まれないこと」「理解は比較」ということが大事だと分かる一冊。勉強になった


      イシューとは白黒つけなければいけない事象のこと
      つまり、考えて出すものである。思ってる...

      続きを読む
    • 2019/10/22Posted by ブクログ

      “「解きやすさ」「取り組みやすさ」といった要因に惑わされてはならない。あくまでイシュー度の高い問題から始める。”という箇所が印象的で、意識したいポイントだと思った。

    • 2019/10/21Posted by ブクログ

      読みにくい。
      ①筆者特有の用語が乱発
      使われる用語が筆者のイメージを言語化したような言葉が多いので、イメージを共有してからでないと理解にならない。ピンとこないワードがキーワードになっている。

      ②事例...

      続きを読む
    開く

    セーフモード