志賀直哉の〈家庭〉: 女中・不良・主婦

著:古川裕佳

2,764円(税込)
1%獲得

27pt(1%)内訳を見る

    志賀直哉の小説には、なぜ女中や不良が描かれるのか。女中や不良は、家庭という平凡な小説の舞台を、その境界領域から撹乱し、サスペンスに満ちたものに変えてしまう。同時代評や初出誌の広告なども参照しながら、志賀直哉の中期作品を丹念に読み直す。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード