【最新刊】志賀直哉の〈家庭〉: 女中・不良・主婦

志賀直哉の〈家庭〉: 女中・不良・主婦

著:古川裕佳

2,816円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    志賀直哉の小説には、なぜ女中や不良が描かれるのか。女中や不良は、家庭という平凡な小説の舞台を、その境界領域から撹乱し、サスペンスに満ちたものに変えてしまう。同時代評や初出誌の広告なども参照しながら、志賀直哉の中期作品を丹念に読み直す。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/04
    出版社
    森話社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント
    • 志賀直哉の〈家庭...

      不良と変態についての考察というのは興味深い。いつの時代もだめんずが活躍。

    • 志賀直哉の〈家庭...

      家族、という枠組みから考える志賀先生。私小説という枠組みから離れて考えるのは新鮮。

    セーフモード