近代演劇の来歴 : 歌舞伎の「一身二生」

著:神山彰

4,576円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    近代演劇はどこから来たのか。「近代演劇」の出自を探り、時系列的な配置のなかで見過ごされてきた、開化期から大正期に至る演技表現や、観客の受容や心性を通して、歌舞伎を中心とした演劇の魅力と謎を再検討する。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2012/03/21Posted by ブクログ

      もう一度、一からの読み直しが必要。
      明治以後の歌舞伎の歩みを学ぶのに不可欠。
      役者、歴史、他の演劇との交じり合い、多方面から考察されている。

    [{"item_id":"A000251089","price":"4576"}]

    セーフモード