【最新刊】宝塚ファンの社会学 スターは劇場の外で作られる

宝塚ファンの社会学 スターは劇場の外で作られる
1冊

著:宮本直美

1,728円(税込)
ポイント 17pt

通常ポイント:17pt

100周年を目前に控え、親子3代のファンをもつ宝塚歌劇団。ファンは劇場前で入り待ち・出待ちをして、ひいきのスター・生徒を見に同じ公演に何度も通い、お茶会にも参加する。ファンクラブの組織形態、チケットの確保と配布、統制がとれた拍手、ガードの実際、会服とグッズなどのファンクラブの実情をわかりやすく解説し、ファンの側がファンクラブの活動をどう捉えているかも丁寧に紹介する。いい席をめぐるファン同士の駆け引きやスター・生徒へのさまざまな距離感も描きながら、非合理に見えるファンの行動がきわめて合理的に成り立っていてある「秩序」を形成していることを明らかにする。ファンがスターを作る過程に迫るファン文化論。

続きを読む

レビュー

3.6
6
5
1
4
2
3
3
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2015/07/21Posted by ブクログ

    宝塚のスターに序列があるように、ファンクラブ内にも序列がありルールがある。それを社会学という視点で捉える。私設ファンクラブがチケット配分やファン動員、出入りのガードやマネージャー業までこなす生態は、確...

    続きを読む
  • 2014/04/02Posted by ブクログ

    私は、観劇してキャトルでちょこちょこ買い物する程度のファンなので、会の皆さんの頑張りには感心します。頑張り過ぎて本末転倒になっている人もいるような…。しかし、熱心なファンの気持ちを利用している劇団はど...

    続きを読む
  • 2012/05/28Posted by ブクログ

    目次:序章 宝塚歌劇団の転換―1990年代から2000年代へ、第1章 宝塚スターシステムとファンクラブ、第2章 ファンクラブの活動内容―ファンクラブ側から見て、第3章 ファンクラブ会員の役割―ファン側...

    続きを読む
もっと見る

セーフモード