イギリスの社会とデザイン モリスとモダニズムの政治学

著:菅靖子

5,170円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    他国へのデザイン・コンプレックスを抱え、「悪趣味」に悩むイギリス。《ウィリアム・モリス》と《モダニズム》を軸に展開する、近現代イギリスのデザイン・表象文化史。デザインと産業、国家権力の関係を明らかにする。図版多数。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    • 2011/07/14Posted by ブクログ

      西洋のモダンデザインの歴史について興味がありこの本にたどり着きました。
      産業革命以後1800年代から1930年くらいまでのイギリスのデザイン史はこの一冊で総括できます。
      巻末の参考文献をみると、一次文...

      続きを読む
    [{"item_id":"A000250937","price":"5170"}]

    セーフモード