鬼が瀬物語 魔の海に炎たつ

作:岡崎ひでたか 画:小林豊

929円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    “鬼が瀬”は、房総半島(千葉県)南端の沖合いの浅瀬で、黒潮がその流れや速度を複雑に変えたりする魔の海域だった。ある朝、船大工“亀萬”の倅満吉は祖父と釣りに出かけるが、霧につつまれ、漂流しつづける破船と出会う。帆柱には漁師見習いの平太と思われる無残な骸がしばられてあった。明治初期、漁船改良の夢を一途につらぬく船大工満吉の壮大な物語の幕あけ。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む
    • 鬼が瀬物語 全 4 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      鬼が瀬物語 全 4 巻

      3,788円(税込)
      37pt獲得

    レビュー

    • 2012/06/18Posted by ブクログ

      小学校高学年くらいの子ども向けかな。

      が、しかし。素晴らしい。スピード感あふれ、次がどうなるのか、まさに頁を繰る手が止まらない。

      昭和初期の頃の千葉・鬼が瀬の漁師、船大工、村の衆、女の子が主要人物...

      続きを読む
    • 2005/04/19Posted by ブクログ

      明治時代の若き船大工の事実に基づいた物語。涙なしには読めないが、その感動はさわやかだ。小中学生にも読めるルビつき。映画化されたらヒット間違いなし。

    • 2012/06/25Posted by ブクログ

      シリーズ3作目。物語としては面白く良質な書籍だと思います。ぜひ子どもさんに!


      たーだぁ、〈2〉で、満吉が乗ったなぁ船が遭難し、死者まで出て緊迫感で胸が張り裂けそうな所でおわってた。だからむろん私は...

      続きを読む
    開く
    [{"item_id":"A000250881","price":"929"}]

    セーフモード