【最新刊】薔薇の足枷

薔薇の足枷

著:大石圭

596円(税込)
1%獲得

5pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある事件で教師の職も家族も、全てを失った龍一。絶望の中、頭をよぎるのは自分の人生を狂わせたかつての教え子・弥生の面影だった。衝動を抑えきれずに再会した弥生は美しい青年に成長していて、龍一はふたたび憎くて愛しい男の体にずぶずぶと溺れてゆく。だが弥生は胸に冥い決意を秘めていた…。残虐でエロティック、男どうしの愛を描いた官能長編。

    続きを読む
    提供開始日
    2014/04/11
    連載誌/レーベル
    幻冬舎アウトロー文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    レビューコメント(5件)
    • 薔薇の足枷
      2014/03/04
      ネタバレ
      この内容にはネタバレが含まれています
      Posted by ブクログ
    • 薔薇の足枷
      2013/12/07

      『黒百合の雫』と対を成すような男色官能小説。教師の龍一が男子生徒の弥生に惹かれ、ずぶどろのイケナイ世界へと足を踏み入れて行く…

      エロティシズムも耽美感も無く、イマイチの作品かな。

      Posted by ブクログ
    • 薔薇の足枷
      2013/12/19

      男性同士の恋愛を描いたもの。
      性描写も多く、途中からなんだか痛々しくなってきてしまった。どちらの男性も抱えているものがあり、心中をしようとする前後1日の行動の中でバックグラウンド・悩み・お互いの気持ち...

      続きを読む
      Posted by ブクログ
    他のレビューをもっと見る

    セーフモード